座標塾第2回「民主主義は蘇るか――ポピュリズム・権威主義の波に抗して」

▼座標塾第2回
民主主義は蘇るか――ポピュリズム・権威主義の波に抗して
2021年5月21日(金)午後6時半~9時
講師:中村勝己(イタリア政治思想史)
参加費 1回1000円(テオリア会員500円)=要申込
会場 ピープルズプラン研究所会議室(江戸川橋駅1b出口5分)又はZoom
※会場が変更になりました

米国の大統領選挙でトランプは敗北したが、前回を上回る得票を獲得した。トランプを権力の座にまで押し上げた力学は、いまだ衰えていない。社会内部の深刻な分断、格差拡大と中間層の解体は、トランプ的なものをたえず生み出さずにはおかない。排外主義・人種差別主義を広言する政治家を大勢の民衆が熱烈に支持するポピュリズムが世界を席巻してきた。そして、習近平の中国やプーチンのロシアに代表される権威主義的な政治体制をとる国々は、リベラルデモクラシーの国々よりも多数になりつつある。
しかし、権威主義的な政治と結びつく排外主義的なポピュリズム潮流だけではなく、「広場の占拠」といった民衆の直接行動に根ざした「左派ポピュリズム」も登場している。権威主義や排外主義的ポピュリズムの流れに抗して、熟議と参加を核心とする民主主義が蘇ることは可能か。その可能性と方策を探ってみたい。

※要申込。会場受講申込5月19日まで。Zoom受講申込は5月17日まで。
研究所テオリア 03-6273-7233 email@theoria.info

◎参加費振込先
・郵便振替 00180-5-567296研究所テオリア
※Zoom受講は5月18日までに研究所テオリアの口座(下記)に参加費振込みをお願いします。講座後になる場合も早めに振り込みをお願いします。会場受講は当日払いでも構いません。

◎参加費支払い
▼参加費振込先
・郵便振替 00180-5-567296研究所テオリア

▼講師プロフィール
中村勝己
なかむらかつみ。1963年生まれ。大学非常勤講師、イタリア政治思想史研究者。「ポピュリズムは、安倍政治へのオルタナティブとなりうるかーー最近のイタリアの議論を参照して考える」(『情況』2020年冬号)」。

●申込・連絡先 研究所テオリア
東京都北区田端1-23-11-201
TEL・FAX 03-6273-7233
email@theoria.info
(TEL・FAX・メール等でお申し込み下さい)
郵便振替00180-5-567296 研究所テオリア

●座標塾第17期●
2021年3月~11月
第1回 スガノミクスは何を狙うか=終了
2021年3月5日(金) 白川真澄

第2回 民主主義は蘇るか――ポピュリズム・権威主義の波に抗して
2021年5月21日(金) 中村勝己

第3回 ベーシックインカムをめぐる論争を読み解く
2021年7月16日(金) 白川真澄

第4回 グリーン・ニューディールは気候危機を解決できるか
2021年9月17日(金) 白川真澄

第5回 いま、MMTをどう考えるか
2021年11月19日(金) 白川真澄

会場 ピープルズ・プラン研究所会議室
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5
東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F
江戸川橋駅1-b出口を出て、左手にドトールコーヒー、ファミリーマートなどを順に見ながら大通り(新目白通り)を5分ほど歩くと、「一休橋入り口」という交差点があります。そこを左に曲がって、道路の左側にある3つ目のビルです。1階は「武術 大気至誠拳法」、2階がピープルズ・プラン研究所です。※江戸川橋駅は、改札から1-bの出口まで地下道で3分かかります。