66集安保法制下での安保状況 安倍政権下で進む軍拡 湯浅一郎

国連・憲法問題研究会報告第66集
安保法制下での安保状況
 安倍政権下で進む軍拡
 湯浅一郎
2017年8月発行
500円

hou660hyousi01

■「積極的平和主義」を掲げる安倍政権は戦後初の国家安全保障戦略に続き、秘密保護法制定、武器輸出三原則廃止、新ガイドライン、集団的自衛権閣議決定、安保法制=戦争法、米軍基地建設、自衛隊南西諸島配備、安保法制発動、大軍拡予算と「戦争する国」への道を暴走している。安保法制の下で何が進んでいるのか。湯浅一郎さん(ピースデポ)が講演。B5版44頁

 

 

◎目 次
はじめに/安保法制と「積極的平和主義」/国家安全保障戦略と防衛大綱・中期防/軍拡時代への回帰/閣議決定に続く基地機能活性化/米軍世界再編と米国防戦略指針/ハスの葉戦略からリバランスへ/「在日米軍再編」開始から十年/続く基地拡大と膠着・追加されたこと/続く軍隊になろうとする動き/どう向き合うのか/自衛隊を軍隊にさせない世論形成へ

○質疑応答
○資料

◎定価1冊 500円
◎ 購入申し込み
郵便振替[00180-5-567296 研究所テオリア]
*通信欄に「報告第66集」と明記してください
・研究所テオリア
東京都千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・FAX03-6273-7233
URL  http://theoria.info
email@theoria.info

コメントは受け付けていません。