【声明】あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」への天皇制弾圧に抗議し、反天皇制の闘いへの参加を訴える

【声明】
あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」への天皇制弾圧に抗議し、反天皇制の闘いへの参加を訴える
 2019年8月1日に開幕したあいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」は、入場制限が行われるほどの盛況であったにも関わらず、わずか3日の開催をもって中止に追い込まれました。
ナルヒト天皇初年に仕掛けられた重大な天皇制弾圧として、この出来事に強く抗議します。
 同展の中止を求めた名古屋市長や国会議員をはじめとする政治家、補助金の見直しを示唆した日本政府を絶対に許しません。
 また企画展実行委や作家たちへの一切の説明なく中止を決めた、あいちトリエンナーレ実行委員会(会長:大村愛知県知事)の決定に抗議します。
最も許せないのは、差別や排外主義にまみれた暴言を吐き、放火や暴力を示唆する脅迫を主催者に対して行った数多くの人々です。これらの人々を怒りをもって糾弾します!最低なやつらだ!
 トリエンナーレ実行委の説明によれば、同展の中止を決定づけた電話やメールによる抗議の対象は「慰安婦5割、天皇4割」であったといいます。抗議や脅迫は、「平和の少女像」と「裕仁の肖像」に集中したのです。
その背景にはいうまでもなく、みずからの国が行った植民地支配と侵略戦争に対する日本社会の認識と想像力の決定的な欠如があります。そして現在進行形で展開されている、アキヒト退位フィーバーから始まった「代替わり」奉祝の動きがあります。
「昭和天皇の御真影を焼く映像展示は…事実だとしたらとんでもない」(和田政宗自民党参院議員)などという、大日本帝国丸出しの発言が国会議員からなされ、その発言が広く支持されています。すでに公共空間から排除されていた天皇を扱った作品が、翼賛市民の脅迫によって天皇「代替わり」の年にさらに排除されたのです。この現実から、私たちは出発しなければなりません。
「表現の不自由展」の中止に心を痛めているすべての皆さんに心から訴えます!
〈表現の不自由〉を私たちに強いている天皇制を廃止しよう!
プラカードで、シュプレヒコールや歌で、そのたたずまいで、日本社会の〈表現〉を限界づけている天皇制に反対しよう!
天皇を名指し、プラカードに顔写真を貼り、「戦犯」「差別者」「偽善者」と思い思いに書きつけ、痛みと怒りをもって、天皇制の犯罪を告発しよう!
]デモや街頭アピールで、自らが天皇制反対の表現者となろう!
私たちは、天皇制反対の闘いによって「表現の不自由展」の作品群に連帯し、その一刻もはやい再開を求めます。そして、天皇制国家の暴力と支配によって抑圧されてきた無数の生と〈表現〉に連帯します。
2019年8月11日
終わりにしよう天皇制!「代替わり」反対ネットワーク(おわてんねっと)
WEB■http://han.ten-no.net/  MAIL■owaten@han.ten-no.net  twitter■「おわてんねっと」

コメントは受け付けていません。