8.15行動 天皇に平和を語る資格なし―国家による「慰霊・追悼」反対!

8.15行動 天皇に平和を語る資格なし―国家による「慰霊・追悼」反対!

【日時】2019年8月15日(木)●13:00 開場/16:30 デモ出発(予定)
【講演】松井隆志 さん(大学教員)「〈戦後〉批判:戦争責任問題との関連で」
【場所】在日本韓国YMCA 9階ホール(東京都千代田区猿楽町2丁目5-5)
【主催】終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク(おわてんねっと)
★アジア ・ 太平洋戦争のこの国の最高責任者だった、 昭和天皇 ・ 裕仁。
天皇制の戦争責任 ・ 植民地責任を糊塗するべく振舞った、 前天皇 ・ 明仁。
★そもそもこの国は、「明治」以来のおよそ150年間、 天皇の名のもと侵略戦争を
行い、 植民地支配を行って、 平気な顔をし続けている。
★今年の8月15日、 新天皇・徳仁が、即位後初めて全国戦没者追悼式に参加し「おこ
とば」を述べる。 国家による慰霊と追悼が強制される儀式の場で、 ヌケヌケと天皇
の地位を継ぎ居座る者が、一体何を話すというのか!?
★天皇に平和を語る資格なし!そして国家は、 慰霊と追悼ではなく、 謝罪と補償を!

コメントは受け付けていません。