座標塾第4回「グリーン・ニューディールは気候危機を解決できるか」

▼座標塾第4回
グリーン・ニューディールは気候危機を解決できるか
講師:白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)
2021年9月17日(金)午後6時半~9時
参加費 1回1000円(テオリア会員500円)=要申込
会場 ピープルズプラン研究所会議室(江戸川橋駅1b出口5分)又はZoom

気候危機を解決する切り札として、グリーン・ニューディール(GND)が提唱されている。EUはCO2の2050年排出ゼロ、30年55%削減をめざして、10年間で1.1兆ユーロ(約130兆円)を「グリーン化」に支出する。バイデン政権も、4年間で2兆ドル(約207兆円)を投資する。世界的な流れに押されて、ようやく菅政権も50年排出ゼロをめざす「グリーン成長戦略」を定め、2兆円の基金を設ける。電気自動車の普及、エネルギー効率の高い建築物への改修、製鉄業での水素利用、CCUS(CO2の回収・利用・貯留)技術の開発などが連日のように報じられている。
しかし、GNDは、本当にCO2の抜本的削減(年7.6%の削減で30年50%削減)を実現できるのだろうか。そこでは、技術的解決に依存する傾向、そして経済成長への志向が強く見られる。経済の拡大・成長を図るかぎり、CO2排出削減の効果は相殺されてしまうのではないか。リフケンらのGND論を批判的に検証し、脱成長のグリーン化を構想する。

※要申込。会場受講申込9月15日まで。Zoom受講申込は9月13日まで。
研究所テオリア 03-6273-7233 email@theoria.info

◎参加費振込先
・郵便振替 00180-5-567296研究所テオリア
※Zoom受講は9月14日までに研究所テオリアの口座(下記)に参加費振込みをお願いします。講座後になる場合も早めに振り込みをお願いします。会場受講は当日払いでも構いません。

◎参加費支払い
▼参加費振込先
・郵便振替 00180-5-567296研究所テオリア

▼講師プロフィール
白川真澄
しらかわますみ。1942年生まれ。60年安保闘争、ベトナム反戦、三里塚闘争などの社会運動に関わりつづけ、90年代からは「地域から政治を変える」ことを追求。フォーラム90s、ピープルズ・プラン研究所など理論活動のネットワークづくりにも力を注いできた。著書に『左翼は再生できるか』(研究所テオリア)『脱成長を豊かに生きる-ポスト3・11の社会運動』(社会評論社)『脱国家の政治学』(社会評論社)『どこが問題!郵政民営化』(樹花舎)『格差社会から公正と連帯へ 市民のための社会理論入門』(工人社)『格差社会を撃つ ネオ・リベにさよならを』(インパクト出版会)『金融危機が人々を襲う』(樹花舎)ほか。

●申込・連絡先 研究所テオリア
東京都北区田端1-23-11-201
TEL・FAX 03-6273-7233
email@theoria.info
(TEL・FAX・メール等でお申し込み下さい)
郵便振替00180-5-567296 研究所テオリア

 

●座標塾第17期●
2021年3月~11月
第1回 スガノミクスは何を狙うか=終了
2021年3月5日(金) 白川真澄

第2回 民主主義は蘇るか――ポピュリズム・権威主義の波に抗して=終了
2021年5月21日(金) 中村勝己

第3回 ベーシックインカムをめぐる論争を読み解く=終了
2021年7月16日(金) 白川真澄

第4回 グリーン・ニューディールは気候危機を解決できるか
2021年9月17日(金) 白川真澄

第5回 いま、MMTをどう考えるか
2021年11月19日(金) 白川真澄

会場 ピープルズ・プラン研究所会議室
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5
東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F
江戸川橋駅1-b出口を出て、左手にドトールコーヒー、ファミリーマートなどを順に見ながら大通り(新目白通り)を5分ほど歩くと、「一休橋入り口」という交差点があります。そこを左に曲がって、道路の左側にある3つ目のビルです。1階は「武術 大気至誠拳法」、2階がピープルズ・プラン研究所です。※江戸川橋駅は、改札から1-bの出口まで地下道で3分かかります。

コメントは受け付けていません。