2022反対同盟旗開き&1.9三里塚・東峰現地行動

2022反対同盟旗開き

主催:三里塚芝山連合空港反対同盟(代表世話人・柳川秀夫)
日時:2022年1月9日(日)正午
場所:横堀農業研修センター
(千葉県山武郡芝山町香山新田131)
参加費:1000円

【会場への行き方】:京成東成田駅地上 11時00分集合 迎えの車待機(★乗車する方は、事前に三里塚空港に反対する連絡会に電話か、faxを送ってください。03-3372-9401 fax03-3372-9402)
(09:13発京成上野特急→10:22着 成田→10:32発 京成成田→乗り換え 京成東成田線[芝山千代田行き]- 10:37着東成田】

1.9三里塚・東峰現地行動
飛行制限時間緩和を許さない! 成田空港「第3滑走路」反対!
岸田自公政権打倒! 反原発一再稼働やめろ! 沖縄・辺野古新基地建設反対!

・日時:2022年1月9日(日)午後2時
・場所:旧東峰共同出荷場跡(千葉県成田市東峰 65-1)/集会後、開拓組合道路に向けてデモ
・会場への行き方
①2022反対同盟旗開き終了後→旧東峰共同出荷場に車移動
②京成東成田駅地上 13 時 30 分集合 迎えの車待機/ 11:54 発 京成上野特急 → 13:02 着 成田→ 13:12 発京成成田 →乗り換え 京成東成田線 [芝山千代田行き] → 13:17 着 東成田
(★乗車する方は、事前に、連絡会に電話かフックスを送ってください)

岸田・自公連立政権は、10月31日の衆院選挙において議席は減らしたものの過半数を維持し、改憲と戦争国家化に向けてつき進んでいる。岸田は総裁選挙の中で安倍・菅と同じ路線を踏襲していくことを明らかにしていった。アメリカ帝国主義・バイデン政権の対中国包囲戦争の一翼を担うために日米同盟を強化拡大することを鮮明にした。
また新自由主義の道を引き続き歩んで、労働者人民の搾取と抑圧の上に資本家階級の利潤を追求していくことを何ら隠すことなく示した。原発の維持、推進もこれまで通りだ。また辺野古新基地建設をはじめとした沖縄の軍事拠点化も住民の強い反対の声を踏みにじって着々と進めている。

「第3滑走路」建設をやめろ

岸田・自公政権を一刻も早く打倒しなければならない。岸田内閣の斉藤鉄夫国土交通相は10月6日、
「日本の国際競争力強化のために2029年首都圏空港として年間100万回を達成しなければならない。そのために必要な整備は成田空港で3本目滑走路建設などさらなる機能強化だ」と述べた。どこまでも需要が拡大していくということを前提とし、資本の利潤をひたすら追い求める成長路線の思想のありようが今問われているのだ。このような「機能拡大」によってもたらされる住民の騒音被害をはじめとする環境破壊、生活破壊といった重大な事柄は取るに足らないものとして片づけられてしまう。それらは補償金や自治体への「交付金」として買い取られ、住民の意志が踏みにじられる。
こういった事態は全国各地で起こっている。「国策」を遂行するためには国家権力は手段を選ばずやってくる。それは独占資本と共通の利害関係に貫かれている。第3滑走路建設に反対する闘いは国家権力―資本の横暴と闘うすべての闘いと共にある。

空港と闘う拠点を守り抜こう

芝山町横堀地区は第3滑走路予定地にすべて含まれ、滑走路そのものではないが空港施設を作るうえで不可欠の土地である。その中には一坪共有地があり空港反対運動の拠点の一つである「横堀農業研修センター」が建てられている。成田国際空港会社はこの土地を奪うために民事訴訟をおこして裁判所の力で一坪共有地を奪おうと目論んでいる。
強制収用という手段を使った土地取り上げができなくなった今、敵は司法権力をつかっての土地強奪を行っているのだ。反対同盟は土地を守り抜く決意を明らかにしている。 反対同盟旗開きに結集し、東峰現地行動を共に闘おう!
2021・11・2

・主催:三里塚空港に反対する連絡会
連絡先:東京都渋谷区初台 1-50-4-103 / 03-3372-9401 FAX 03-3372-9402

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。