『語り継ぐ 1969』 糟谷孝幸追悼 50 年 - その生と死 出版記念のつどい

『語り継ぐ 1969  糟谷孝幸追悼 50 年 - その生と死』出版記念のつどい

と き:2022年1月10日(月・休)午後1時半~
ところ:PLP会館 大会議室 又はZoom 事前申込みをお願いします
[会場案内]大阪市営地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分 JR大阪環状線 天満駅改札口より南側へ徒歩5分。
参加費:1,000 円(関西圏以外の方は無料) 
(コロナ禍のため、食事付きではありません)
主 催:糟谷プロジェクト

1969年11月13日、佐藤訪米阻止闘争(大阪扇町)を闘った糟谷孝幸君(岡山大学法科 2年生)は機動隊の残虐な警棒の乱打によって虐殺され、21才の短い生涯を閉じました。
あれから52年。糟谷プロジェクトは、風化する記憶や記録を掘り起こし、糟谷君とその時代の意味を問う「『語り継ぐ1969』糟谷孝幸追悼50年ーその生と死」を、多くの人々の協力によって刊行することができました。
残念ながらコロナ禍で一度延期せざるを得ませんでしたが、この度、出版を記念し「半世紀を振り返ってーポストコロナの時代にどう立ち向かうか」をテーマにシンポジウムを開催します。コロナ禍、リアルとリモート同時に行いますので、ぜひご参加ください。

[プログラム]
開会あいさつ:内藤秀之(糟谷プロジェクト世話人)
第1部:シンポジウム
「半世紀を振り返って ーポストコロナの時代にどう立ち向かうか」
発題者:武藤一羊さん(ピープル・ズプラン研究所)
山口幸夫さん(元「ただの市民が戦車を止める会」)
要 宏輝さん(元連合大阪副会長) ※体調不良で出席できなくなりました。労働運動について、別の方から発言していただきます。
コーディネーター 白川真澄(世話人)
第2部:『語り継ぐ1969』発刊に思う 参加者から
司会:田中幸也(世話人)

[申込み方法] 事前申込みをお願いします
 FAX での申込みは 086-244-7724
 メール E-mail:m-yamada@po1.oninet.ne.jp
※参加する ・ Zoom で参加する いずれか明記して下さい。定員は各 80 名。先着順。
※オンラインの参加申し込み (事前に申し込み・登録をお願いします)
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_dzvv1F1nSSC2jXrwTzojdA
※当日のトラブルなどは 090-4030-1219 まで

1969 糟谷孝幸50周年プロジェクト
事務局連絡先 〒700-0971 岡山市北区野田 5-8-11 ほっと企画気付
電話 086-242-5220(090-9410-6488 山田雅美)

コメントは受け付けていません。