一般

イベント
講演会 敵基地攻撃・軍事費倍増でどこに向かうか

研究所テオリア 国連・憲法問題研究会講演会敵基地攻撃・軍事費倍増でどこに向かうか 講師 永山茂樹さん(東海大学教授・憲法学)2023年2月11日(土)午後6時半開場、7時開始文京区民センター3階D会議室(春日駅・後楽園駅 […]

続きを読む
イベント
一般社団法人三里塚大地共有運動の会
12.4第5回総会記念集会

一般社団法人三里塚大地共有運動の会12.4第5回総会記念集会 集会案内 ■日時 12月4日(日)/午後1時30分開場、午後2時開始/資料代 500円■会場 東京・文京シビックセンター4階ホール (地下鉄後楽園駅下車) ■ […]

続きを読む
お知らせ
研究所テオリア第11回シンポジウム 社会運動から政治を立て直す 開催

11月20日、研究所テオリア第11回シンポジウム「社会運動から政治を立て直す」を開催しました。  シンポジウムでは、小林美穂子さん(つくろい東京ファンド)が報告「コロナ禍の生活困窮者支援」。コロナ禍の反貧困ソーシャルアク […]

続きを読む
お知らせ
座標塾第5回 脱成長の立場から日本経済の衰退と再生をどう見るか 開講

11月18日、座標塾第5回 脱成長の立場から日本経済の衰退と再生をどう見るかを開講しました。講師は白川さん。白川さんは講演で、ウクライナ戦争による世界的なインフレの波の到来、日本のインフレの原因は資源高と超円安であること […]

続きを読む
一般
新聞テオリア第122号・2022年11月10日
デジタル監視社会にどう抵抗するか

新聞テオリア第122号・2022年11月10日デジタル監視社会にどう抵抗するか 紙面紹介デジタル監視社会にどう抵抗するか 内田聖子 2~5面書評「越境と連帯」 6~7面安倍「国葬」検証/映画「愛国の告白」 8面

続きを読む
お知らせ
座標塾第4回 デジタル監視社会にどう抵抗するか

▼座標塾第4回 デジタル監視社会にどう抵抗するか2022年9月16日(金)午後6時半講師:内田聖子(アジア太平洋資料センター共同代表)参加費 1回1000円(テオリア会員500円)会場 文京区民センター3C(春日駅・後楽 […]

続きを読む
お知らせ
座標塾第18期 2022年3月~11月

座標塾第18期 2022年3月~11月第1回 「新しい資本主義」の何が新しいのか3月18日(金) 白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)第2回 ポストコロナ時代の政治の構図と課題5月20日(金) 大井赤亥(政治思想史・現代 […]

続きを読む
お知らせ
テオリア論集12
「コロナ時代」を生き抜くために
五箇公一

テオリア論集12「コロナ時代」を生き抜くために五箇公一 定価 1000円2021年3月  目次「新型コロナ」から学ぶこと――グローバルからローカルへ 五箇公一背景には環境問題/生物多様性の持つ重要性/生物多様性を支えるロ […]

続きを読む
お知らせ
論集11
コロナ・ショックは世界をどう変えるか
白川真澄

論集11コロナ・ショックは世界をどう変えるか白川真澄定価 800円2021年2月  目次第Ⅰ部 コロナ・ショックは世界をどう変えるか 第Ⅰ章 歴史的事件としてのコロナ・ショック 第Ⅱ章 国家の復権か――グローバル化の行方 […]

続きを読む