67集「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか(山田朗)

国連・憲法問題研究会報告第67集
「明治150年」徹底批判
なぜ歴史を歪曲するのか
山田 朗
2018年8月発行
500円

■2018年、安倍政権が行っている「明治150年記念事業」は、「明治以降の日本の歩みを改めて整理し、未来に遺すことにより、次世代を担う若者にこれからの日本の在り方を考えてもらう契機とする。」と明治日本への礼賛のみ。日本近代の負の歴史を正面から取り上げた内容は全くない。明治礼賛の「明治150年」の意味と狙いは何か。山田朗さん(明治大学)が安倍政権の「明治150年史観」を徹底批判。B5版

◎目 次
はじめに/改憲論と「明治150年史観」/失敗に学ばない9条改憲論/司馬史観と明治礼賛/明治150年史観の「安倍談話」/空白の日中戦争/戦争の背後に軍事同盟/イギリスの日本に対する支援/米英からの借金で戦争/まかれた日米戦争の種/明治礼賛論の中核は日露戦争論

○質疑応答
○資料

◎定価1冊 500円
◎ 購入申し込み
郵便振替[00180-5-567296 研究所テオリア]
*通信欄に「報告第67集」と明記してください
・研究所テオリア
東京都千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・FAX03-6273-7233
URL  http://theoria.info
email@theoria.info